スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口臭対策に効果のあるワンタフトブラシって? 

口臭対策に効果のあるワンタフトブラシって?


口臭って歯垢や虫歯、歯周病から発生します。
まあ、こればかりじゃないですけど。

歯垢が溜まって溜まって溜まった状態がずっと続くと
虫歯や歯周病になります。

口臭の原因である歯垢を取ってあげると口臭にもなりにくくなるし、
虫歯や歯周病の予防にもなるのです。


そして、歯垢が溜まる場所は
歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目なのです。

そんな細かい所を磨くのに有効な歯ブラシが
ワンタフトブラシなのです。



よしらすは応援1クリックで元気になれます^^
人気ブログランキングへ



よしらすがオススメするワンタフトブラシ
このブログから買えます^^


歯ブラシの購入相談、口臭に関する相談も受け付けています^^。

不安な方はお気軽にご相談くださいネ!!
(3日以内に必ずお返事します。)
    ↓ ↓
よしらすにメールをする(^o^)丿



……………………‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥……………………


じゃ、使い方を説明します。
ワンタフトブラシは先が細いです。

ワンタフトブラシ1

磨きにくい歯に、
ピンポイントで当てる歯ブラシです。

あと、歯ブラシを奥に入れると
”オエッ”となってしまう人にも
使ってもらいたいです。


基本、持ち方はえんぴつ持ちです。

ワンタフトブラシ2


前歯の裏側などは、
この様に持ち方を変えて下さい。

ワントフトブラシ3



歯並びの悪い所は歯が重なっているので、
普通の歯ブラシでは、

前の歯の歯垢は取れても後ろの歯の歯垢は、
取れにくいです。

ワンタフトブラシ5

磨きにくい歯に、
ワンタフトブラシを当てて、
歯垢を取って下さい。


磨き方ですが、
力を入れずに細かく柄を動かして、
20往復くらい同じ場所に当てて下さい。


また、ほうきで床を掃く様に、
歯をなでる感じでサッーサッーっと
20回くらい当てたりします。


歯と歯の間などは、
ワンタフトブラシを歯間に軽く押し当てて、
クルクルと20回くらい細かく回して下さい。



20回くらい同じ歯に当て続けると
歯垢は取ます。

時間をかけて歯垢が取れるブラッシングが
出来ると口臭対策になるのです。




1番奥の歯やお子さんの生え始めの永久歯は、
磨き残しが多く、虫歯になりやすい場所です。

ワンタフトブラシで、
歯全体や歯と歯ぐきの境目を
良く磨いて下さいネ!

 ワンタフトブラシ4



矯正している人にも最適です。

ワンタフトブラシ

通常の歯ブラシでは、
ワイヤーが邪魔で磨きにくいですよね!

歯と歯の間やブラケット(金具)の周りは、
歯垢がたくさん付いています。

角度を付けて、
ワンタフトブラシで磨いて下さい。



この人はインプラントを
2本入れています。
ワンタフトブラシ6

インプラントと歯ぐきとの境目の
歯垢を取るのにも役立ちます。

ピンポイントで磨くので
歯垢もよく落ちます。




始めのうちは慣れなくて
「使いにくい」なんて言う
患者さんもいます。

使っていくうちに
要領を覚えて慣れていくと思います。

いつもの歯磨きの後に
磨き残しのある歯に補足的に使って下さいネ^^

口臭対策にワンタフトブラシで
磨く習慣を付けると良いです。


……………………‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥……………………


よしらすがオススメするワンタフトブラシ
このブログから購入できます^^



お気に入りに追加してもらえると嬉しいです^^



よしらすの「口臭撃退ブログ」トップページに戻る^^


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kousyuugekitai.blog48.fc2.com/tb.php/23-5a464a64

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。