スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯科衛生士がいるからっていっても・・・ 

歯科衛生士がいるからっていっても・・・


よしらすの口臭撃退ブログへようこそ!


更なるパワーを下さい!
人気ブログランキングへ


前回、口臭対策をする上で、
歯医者選びのポイントとして絶対、
歯科衛生士がいる事が必須だと言いました。

それは、間違いありません。

ただ、院長、先生と呼ばれる歯科医師が
自分の歯医者にどんなビジョンを抱いているかで

歯科衛生士が歯科助手になってしまう事もあります。

受付け業務、セメント練ったりこねたり、
器具洗いや治療の準備、片付けなど本当に
目まぐるしい程、様々な仕事があります。

歯科助手さんは歯医者になくてはならないし、
立派な仕事をこなしています。

縁の下の力持ちです。

ただ、歯科医師の考え方によっては、
これら様々な業務を歯科衛生士にやらす歯医者があります。

これだと本職である
「歯周病治療」がおろそかになりがちになる傾向にあります。


また、その逆もあります。

歯科助手に簡単なスケーリング(歯石取り)などを
やらしてしまう歯医者です。

よくありません。
プロはプロとして本業に力を注ぐべきです。

よしらすが歯医者を見れば「ここは良い歯医者かも?」って感じる事も、
この業界に携わってないと生まれない感覚です。

じゃ、歯科業界に携わってない人が
どうやって良い歯医者選びをするのか?


外見ではどんな歯医者か分かりませんよねー。

中身を見たって良い治療を受けているのか
普通の人は分かりません。

先生にお任せ状態の患者さんが大半だと思います。

皆、患者さんたちは「良い歯医者に通いたいッ!」って
思っています。

歯科業界に携わってない人が
どうやって良い歯医者選びをするのか?

今回は口臭対策である「歯周病治療」に観点を置いて話しますネ^^
もちろん、歯科衛生士がいるのを前提に話を進めます。

歯医者のホームページ。
よーく読んで下さい。

先生は歯周病の認定医か?

認定医とてレベルはさまざまですが、
少なくとも歯周病の認定医に

歯周病治療に消極的な先生は含まれている事はないと思います。
チェックしてみて下さい。

「歯周病治療」の欄が別に設けられて
どんな事が書かれているか?

歯周病治療に対して
歯医者の取り組みなど読んでみましょう。

歯周病治療の症例写真を載せている歯医者は
歯周病治療に力を注いでいる姿勢が見えて良いですねー。

こんなに進行した歯周病がこの治療法で
こんなに健康な状態になりました的な

ビフォアーアフターの写真。

それに携わる歯科衛生士の役割なんか書かれていると
「んう?良い歯医者かも?!」って思ってもいいです。

参考にしてみて下さい!

あとは、先生と相性みたいなものもあります。

気に入った歯医者で
先生と信頼関係が生まれると良いですよねー^^


……………………‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥……………………


マニュアルの購入相談や口臭に関する相談など受け付けています^^。
不安な方はお気軽にご相談くださいネ!!
(3日以内に必ずお返事します。)
    ↓ ↓
よしらすにメールをする(^o^)丿



お気に入りに追加してもらえると嬉しいです^^



よしらすの「口臭撃退ブログ」トップページに戻る^^



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kousyuugekitai.blog48.fc2.com/tb.php/59-70b18d8e

fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。